×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

交通事故を減らす方法

交通事故を減らす方法

交通安全運動などが始まるといつもいないところに内勤ばかりやっていたであろう青白い顔の警察官が不器用そうに交通整理をして、さも交通安全を願っています的なことをしていますが、実際の警察の動きを見ているとそうは取れません。

 

特に白バイと覆面パトカーは交通安全とは全く違っていて、とにかく違反者を取り締まるためだけにあると思います。

 

白バイは路地に潜んで遠くから走る車を見て、スピードが速いとみるとすぐに飛んでいき、車の死角に入り追尾する。

 

覆面パトカーは一般の車と見せかけ、安心して走っている車をあおりながら追尾していく。

 

この2つのやり方はいかにも「検挙するためのもの」であって交通安全を願っているような行動ではありません。

 

本当に交通安全を願っているのであれば、こそこそ隠れていないで堂々と白バイやパトカーの存在をわかるようにしたほうが交通安全につながると思います。

 

いたずらっ子も先生の前ではいたずらをしないように、パトカーや白バイが走っている前では誰もスピードオーバーすることもありません。

 

検挙して点数や反則金の面で自重させるのではなく、その前にスピードさせない環境を作る方がよっぽど効果的だと思います。

 

幹線道路の各交差点に警察官を1人ずつ置けば交通事故も一気に減ることでしょう。